性病は発見が遅れると完治しない場合があるので定期的に検査した方が良いと思います。

性病は発見が遅れると完治しない場合があるので定期的に検査した方が良いと思います。

私は特に不特定多数の人と性行為をしてた訳でも同性愛者でも無かったので、性病に罹るとも思ってなかったですしそれまでは検査等した事は無かったです。

 

私はある時用を足してたらペニスに硬いしこりが出来ている事に気付いたのですが、その時は特に気にもならず年を取ったから体が老化してきたのかな...ぐらいにしか思っていませんでした。

 

しかしそれから2週間ぐらい経った時に全身に赤い発疹の様な物が出来てきて、更に39度の熱が出てしまったのです。

 

私は何の病気か分からなかったのですが取り敢えず病院に行きました。

 

細かい症状を伝えると性病の可能性があるから検査した方が良いと言われたのですが、私はまさか自分が性病だとは思っていなかったので病院での検査は拒否してその時は解熱剤や抗生物質を出してもらっただけで帰る事にしました。

 

取り敢えず薬のお蔭で熱は下がったのですがペニスのシコリと発疹は中々治らず段々心配になってきたのですが、地元の病院だと知り合いもいるので会ったら恥ずかしいという気持ちがあって中々踏み出せませんでした。

 

しかしまた熱が出てきて関節痛の症状も出てきたのでもう一度病院に行くと、先生が「もし性病だったら治療が遅れると完治しなくなる場合もある」と言われ怖くなって検査を受けてみる事にしました。

 

検査は採血と咽頭検査と尿検査を全て行い結果は1週間ぐらいで出るという事でした。

 

検査結果が出るまでは本当に怖かったですが検査をした事による安心感もありその間症状が和らいだような気もしました。

 

1週間後の検査結果は梅毒に感染してるという事でしたが早期発見だった為、治療すれば完治するという事で性病だった事に対する失望と完治するんだという事による安心と何とも言えない気持ちでした。

 

しかし梅毒の場合発見が遅れると生活に支障をきたすような状態になったり、完治しない事もあると聞いて本当に検査して良かったと思いました。

 

まさか自分が性病に罹ると思ってなかったのに罹っていたのでそれからは怖くて定期的に検査を受けるようにしています。